妊娠初期に摂りたい葉酸

妊娠初期に葉酸が必要な理由

厚生省からも妊娠中には葉酸の摂取が進められており、母子手帳にも記載されています。葉酸はビタミンB群の一種で、赤血球の生産を助けるために役立っています。妊娠の方が摂取したほうが良いと言われているのは、胎児の成長に欠かせない成分だからです。脊椎などの神経管閉鎖障害の発生リスクを減らせると言われています。

 

葉酸は妊娠初期から積極的に摂取したい成分ですが、胎児の成長は妊娠初期の頃に重要な器官が形成されるため、早い段階から摂取したほうが良いと言われています。できれば妊娠の可能性がある女性は意識したほうが良いです。妊娠は気がついたときには既に妊娠初期から時間が経過していることもあり、妊娠を考える女性なら誰でも葉酸を視野に入れるべきです。葉酸は血液を作る働きもあり貧血予防にも繋がるため、女性なら妊娠の予定が無くても日頃から取り入れると良いでしょう。

 

胎児の先天性異常は妊娠10週以前に発生することが多く、中枢神経系の異常は更に前に発生する事もあります。妊娠10週目には既に中枢神経・四肢・心臓など重要な器官は形成されており、早い段階から胎児の奇形や異常を防がなければなりません。妊娠の数え方は最終月経の1日目を妊娠0日目とするため、妊娠に気がついた時点で既に2ヶ月になっている事は多いのです。

参照サイト